読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじでうるさい

 こんなにも親にどうのこうの言われるのであれば、自分は一人暮らしをしていきたい。そうなった場合。もう助けなどができない。後悔はするのだろうか。

後悔したとして、何が不味かったのだろうか。もうちょっと自分が大人になって我慢することが正解だったのか。いや、違う。

 そうなる運命とも思わない。

ならいっそ一人暮らしという変化によってどう変わるのか。

そこから見極めてみてもいいのではないか。

今自分が親のためを思ってだとか、相手のためだとかはタラればの話にすぎない。

ならば実際にやってみて、どうなるのかを知りたい。見極めていこうではないか。

                             第三十?部 完