読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

環境や思考によって人生は変わる

 どうもなすびです。

思えば今年のクリスマスは特別な日なのではないか。この土曜日。日曜日がクリスマスデーなのは土日休みな働き人。学生にとっては丸一日この余韻を楽しめるのだから。

そういう自分はどうなのかと言われると、約10か月前考えていた自分の行動とは大きくかけ離れていたものだった。いやそれも元々願望であったので「こうなる」と決まっていたわけではないのだが。

 明日好きな人が地元に帰ってくる。クリスマス・イブ前夜に彼女にLINEで聞いた。

だからこの二日間は連絡を取らなかった。彼女がどう過ごすのかは大方このイベントで想像がつく。だが自分は「お前らどうせこういう過ごし方してるんだろ?はいはいわかってますよ。」的な考えでいる自分が嫌いなので余計なことは考えない。もしかしたらそういうことをしていないのかもしれないし。まあそうは8割がた思わないけど。

 毎年。この季節に限らず、様々なイベントがあるたびに思う。

「ああ。こういうの、好きな人と共有しあえたらな」って。

もちろん自分ではわかっている。たとえ自分が好きな人と。彼女と過ごせたとしても絶対にお互い楽しく過ごせないだろうな。と。だって楽しめねえよ。好きな人を楽しませる自信なんて全くないんだから。

だから今までも引きこもってた。

でもそれでも好きなことを諦めることはできないから今の今まで。この学生生活を削ってもずっと思っていたんだ。

だからこの2日間はあいつに迷惑をかけないようにする。

それは彼女のためだとは言わない。あくまで自分のためだ。自分への投資だと思ってやったことだ。だから近々彼女にラッピング放送したプレゼントを渡すのも、彼女に対する好意も、彼女の事を思う気持ちも。全部自分のためだ。

 なんかPCフリーズしまくるからこれで。

                               第三十部 完