読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなひとにめーる送ろうとしたけどやめた

 なすびです。

メール送ったほーがいいのかなー。

でも彼氏いるもんなー。明日から2日間クリスマスだもんなー。この時間にメール送っても…。いや、今までメール送った状況も迷惑になりかねないものばかりだった。だったらわざわざメール送らないとかそういうの関係ねーか。内容もどうでもいいの方がいいのだろうか。でもな…。

うーん。そう。会話。会話の内容さえあれば。でも爆弾発言しか思いつかないんだよなー。いやでも考えてみると相手の気持ちを考え過ぎなのかもしれん。

この世の中良かれと思ってやった行動が裏目に出るケースなんてよくあることだし、逆に自分のためにメール送った方が相手も気を遣わなくて済むのではないだろうか。

これ結構重要。

さてなんて送ろうか。そうだな。とりあえずは「明日はクリスマスだね!」

いやバカか俺は。

そんなもん明日彼氏と過ごす相手の事を想像して自分が苦しむだけじゃねーか!

とりあえずは「そういやいつ頃帰ってくるの?」だ。これがいい。

相手に迷惑かけるかもしれんが上策だ。

 

…打てねえ。

 

なんでだ。やっぱ恥ずかしいってのと、何でこの時間にそんなことをって思われ…いやだから自分の事だけを考えろ。

 

…送った。死にたい。

 

もう自分の行動が死にたい。ああ。死にたい。

 

今日は23時までのやり取りでも書こうかね。面倒レベル上がったらやめるけど。

 

今思ったんだが俺って人を試すような行動をとることが多いかもしれん。いや、多いわ。実際。ほめる上司に対して本当に自分の事を分かってくれていてほめているのか。とか。大体はわかってない。なすび取扱説明書検定10級にも合格できていない。

大体のほめ方が下手。マジで。そういうふうに自分がならないためにも考え込んだりするわけですがね。

さてメールは返信どうかな

おお。帰ってきてる。26日の夜って早!三日後じゃん調度!

いやー緊張が高まるな。

別に会いに行ったり一緒に過ごしたりする約束はしてないけど

なんかそういう気持ちにさせられるな。

でも大学生活これが最後だからなー。ホントに好きだからなー。

どこが好きとか全くわからんし

そもそも相性が最悪なんだよなー。

なのに好きなんだよねー。

よくあたる占い的なのでも相性悪い的なこと言われたけど

それでもあきらめられないんだよなー

そういう人間だからさ。俺。

 

さて…既読がないな。うん。

 

悲しいからこれで終わり。

                             第二十八部 完