読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなみんな生きているんだ友達なーんーだー

 どうもなすびです。

今日はね。うん。特にないね!

しいて言うなら、いやもう書くこと決まってるんだけど。そう。冬の季節。

冬の季節って特に夜だと冬特有のにおいがしますよね。なんていうか懐かしいようなこの香りを待っていたみたいなそんな感じが。

 僕をその匂いはかなり好きなんですが、ちょっぴりさみしさが感じられてかつ察亡くなったり前にも書いた生きた心地がするので少し嫌いでもあります。

 これが彼女と一緒に過ごす時間だったら黄昏たりしたいなー。まあ実際しないけど。

なんか恥ずかしいし。黄昏ている自分。彼女に見てほしい。的な要素が含まれてこれ以上自分で自分を嫌いになりたくないッス。

                                第二十六部 完