読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホント黙ってくれねえか

 ほんとに嫌い。わがままばっかり言いやがって三十路近い年も離れた姉が家に閉じこもって親の前ではデカい顔している姿を想像してほしい。

…殺意わくでしょ?

そのうえ甘ったるい気持ち悪い声で独り言やぬいぐるみに話しかけたり、自分に与えられた家事(親の布団を敷く)。簡単な作業なのに、別に今日に限らず何もしていないくせに「疲れたー(涙)」「布団も敷きたくない~涙」とか大きな声でほざくし。

ニュースとか人の悪口散々酷評して自分ならこうするだのなんだの言ったり

こっちが(俺は普段全く関わらないのでいつも親が)ちょっとでも叱ると爆発したように泣き出して「あんたたちはひどい」だの「こっちの大変さを分かっていない」だの言ってすごく面倒なことになるし、機嫌がいい時は調子よくいつものようにバカみたいに長くベラベラどうでもいい事話し出すし…ハァ。

そして家族の前でならホント態度デカい。親の前で「今からあんたの悪口言いに行ってくる」宣言をしたそうです。ちなみに俺に対する事は親に小言言って親に促す方針。

ね?腹立つでしょ?

でもね。それがまだ全然ましな方なんですよこれが…

今僕は大学4年ですが、この狂ってる姉の全盛期。そう。そうなんです。今は全盛期ではなくこれでもかなり大人しくなった方なんです。

僕が中学二年の時の9月から姉は狂いだしたのです。

覚えています。いつものようにたまにある親との口論からことが始まりました。

別に前からよくあることです。別段変なことを言ったわけでもなくですよ。

なのに狂いだしたのです。

いいですか皆さん。中学二年の9月から現在大学四年の12月。

8年以上ですよ。この姉。どう思います?ホント辛いですわ。

これ。ほっといて一人暮らしもできました。でもね。母親が一番つらいのを知っていて一人だけ出ていくなんてできなかったんです。だからこうして過ごしているわけですが。

 このことは事の発端である時期から今までほとんど友達や周囲に話していません。口止めもされていましたが、僕からしてみればこんなことになっていることを話したくもなかったからです。言ったとしてもこの約8年の中で2人くらいですかね。口を滑らしたの。でも彼らも恐らく話していません。人くらい流石に選びます。

 全盛期の地獄は本当によく耐えたな自分と思いました。よく友達にも大切な人にも吐き出さなかったなと今でも思います。全盛期の事は気分が乗ったら書き込みますが僕自身が地獄といっているこの時期。親にかかる負荷は想像もつきません。心中しても間違いなくおかしくはない。そんな感じ。

 だから僕は姉が嫌いなんです。たぶん兄弟姉妹がいる方の嫌いとは違うかもしれませんね。

 ちなみに僕に対して姉が小言なのはその時期は言って一度喧嘩のようなものをしたからです。ですが暴力はしてません。奇跡的に。僕は今までの人生人を殴ったことはないのですがあの時は本当に殴りたかった。あの時の殺意は間違いなく本物でした。

だからよくこらえたと思います。あの時も。今までも。

その喧嘩と言うものですがたぶん僕の殺意が伝わったんですかね。わからんけど。

 だから僕は思うんです。ここまで辛い経験を家庭で過ごしてるのに周りはいいよなって。みんな辛い経験をしているという言葉もありますが、果たしてそうなのかって。

何回も言いますが、中学の頃の自分は本当にすごかったと今になって思います。

失恋。嫌がらせ。失敗の繰り返し。それに踏まえて家庭の事情。

そんな経験をしていながら悟られないようにいつも笑って過ごしていたんですから。

だからいつかみんなに知れ渡ったとき、俺はこんなに頑張ってたんだぜって言ってやりたいなと思います。まあ絶対にそんなこと起こらないし、ましてや今更知れても他人事ですから。だからいつも自分頑張ってるなと思いながら日々の生活をしております。

                                 第二十部 完