読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問:好きな相手は就職しているのか 解:「してるにきまってんだろ」

 明後日どうしても起きられん。絶対この朝と言うものが俺の人生に大きくかかわっていくというのにも関わらず。

 どうもなすびです。

朝っつうものはね。どうしてもね。睡魔に負けるのですよ。

いつもいつもいつも負けるのですよ。唯一買ったときは車中泊の時だけなんですよ。

 今日はおれがふだんおもう「どうして?」を書いていきたい。

なんで人の多い空気の悪いところに行くのか。

どうして飲み会と言うものはこうもつまらなく、たばこの嫌なにおいの環境の中、人々は楽しめるのか。どうしてタバコを吸うのか。いろいろある。

だって意味わからんもん。タバコを吸い続ける人は何がしたいの?自分の体を壊し続けて一体何がしたいのかわからない。遊ぶという行為。オールとかしまくる人。一人暮らしの部屋でパーティする人。よくわからん。

もちろんそれが後々楽しい思い出として残ることはわかる。この三つは。

タバコに関して言えば心を埋める作用があるのだろうと思う。

けど、俺はそういうのが羨ましくもある反面。自分がやったら絶対に楽しめないのだ。羨ましいというのは遊びに関してである。そういう大学生っぽい事とかを共有し合えるのは絶対に思い出に残っていく。ただ推測するにあたり自分は仲間内の一歩外で見ていたい人間であるがゆえに本気で楽しめないのだと感じる。

俺にとっての最高の友達との過ごし方。

それは一人暮らしの友達の家に泊まるのは自分が楽しいと思える相手にだけ。

友達との遊びは温泉巡って食事してドライブ主体。

 

 まさにおっさの休日である。

だがこの温泉はなかなか楽しい。知らない場所に行くとなかなか冒険のようにわくわくするのだ。

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。明日のガッコいややな。

                              第十八部 完