読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺が死んだら

 俺が死んだら。

 いったい誰が悲しむのだろうか。

 親、兄弟、知り合い。悲しむだろうか。

 余命を宣告されたときの自分はどう思っているのだろうか。

 そんなの死ぬことが怖くて仕方がないに決まっている。

 たぶん綺麗には死なないだろうな。

 だからひとつだけもしもそうなったお前に伝えたいことがある。

 お前の最も愛した、お前が中学の頃からずっと好きで、何度も何度も苦しい日々を送り続け、結局大学4年の大みそか間近になってもお前は愛し続けていたな。

 本当に大好きだ。大好きなんだ。諦める事なんてできなかったんだ。

 だから、お前はとっても悲しむ、もう二度と栞に逢えないことが辛くて、今までのふがいない自分に怒りを覚え、悲しみに明け暮れるだろう。

 今の俺は余命を宣告されたお前に声をかけてやることができない。

 凄く後悔や申し訳ない気持ちでいっぱいだから声がかけられないんだ。

 でも、お前はそんな俺にでも声をかけてほしいはずだ。それが本音だと思う。

 だから話す。お前は一昨日の夜2016年12月28日に地元に帰ってきた栞を誘ってドライブに誘ったよな。

 あの時の会話は今までの中で一番まともな会話だったな。

 お前の中でトップ3には入るくらい嬉しかった出来事だと思う。

 そんな時間も早く過ぎてしまうのが辛かった。このドライブがいつまでも続けばと思っていた。好きだと言いたかった。口で言ったこと今までなかったもんな。だから言ったよな。目も合わせられないし、ノリで言ってしまったけど、お前は間違いなくあの時本音を口で伝えたんだ。

 その時の栞は笑っていたよな。

 俺さ、思うんだ。

 どんな理由でしおりを好きになったのか。きっかけはあったにせよ

 栞を好きな理由なんてお前にはないはずだ。

 だってこんなにも栞を愛しているんだから。

 理由なんて野暮みたいなもんだろ?

 

 そんなお前が学生生活すべてを犠牲にしてまで愛し続けた彼女を、

 お前は諦めてしまうのか?

 

 本当はもっと生きたいんじゃないのか?もっと生きて栞と幸せになりたいんじゃないのか?

 四柱推命での占いは本当だったとか思ってるんじゃないだろうな?

 

 バカ野郎!目を覚ませ。

 

 お前はいつもそうだったじゃないか。どんなに周りから反対、否定をされても曲がらなかった男だっただろ。

 その結果、必ずお前は間違っていなかったと思うんだろ。

 

 そうだ。何も間違っちゃいないんだ。

 

 お前がしおりを他の誰よりも愛していること。

 

 お前が他の誰よりもあきらめの悪い男だってことを、俺は知っている。

 

 だから未来の辛そうな俺。

 

 お前の今抱えているどうしようもない、抗っても意味のないとされているその運命。

 

 その運命はお前のこれからの未来を否定しているぞ。

 

 安心しろ。お前は折れない。決して折れることはない。

 

 死なない。余命なんてない。

 

 お前のその諦めの悪くていつも抗っている自分を信じろ。

 

 そんでもって栞に告白。プロポーズしろ。

 

 わかっている。フラれたらとか失敗に終わったらとか思っているんだろ。

 

 安心しろ。今この記事を書いている俺ですらそう思っている(笑)

 

 だから俺を否定しろ。覆せ。

 

 お前が今どんな状況かはわからない。

 

 もしかしたら外に出れない状況かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 そんなの関係ない。

 

 

 

 飛び出せ。抜け出せ。

 

 

その病室から抜け出して今すぐ伝えて来い。

 

 栞が好きだってこと。愛している事。お前が今思っていること全て。吐き出せ。

 

 そして伝えろ。

 

    「もしもこの病が治ったら、ゼロから僕と付き合ってください。」

 

            「そして結婚してください」

 

 そしてお前は奇跡を起こす。

 運命の否定を覆す。

 

 そんでもって石川 栞さんとお付き合いをはじめて、結婚するんだ。

 

 どうだ?ってもういねーか。伝えに言ってるもんな。

 

 

 最初に戻す。俺が未来のお前に伝える言葉、声。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ぜってー負けねえぞ。相棒。」

 

                               第三十二部 完

未完成

 結構周りに振り回されることが以前に比べて少なくなってきた気がする。それが一般的には良かれ悪かれ、俺自身は良いと思っている。

 小学校の時や以前の自分だったら周りの目を特に気にし、みんなが行くなら行く。と言ったような行動をとるからである。

 そんな自分があまり好きではなかった。それは自分の選択ではなかったのだから。

みんなが好きだと思ったことはある。しかし相手は自分の事を好きなのだろうか。たぶんそうじゃない場合だってあるはずだ。だから押しつけは良くないのではと思う。しかし自分の規則にも縛られてはいけない。

自分で決める。

それこそが大事なのである。

たとえ失敗に終わっても学んでいく。これが他人の敷いたレールやみんなと同じようにしていたらダメだ。自分で決めて行った行動で失敗したからこそ価値が生まれるのだから。やっべ自分いいこと言った。

いやマジでいろんな出たい番組が多い。書籍化も間違いないな!

                                第三十一部 完

環境や思考によって人生は変わる

 どうもなすびです。

思えば今年のクリスマスは特別な日なのではないか。この土曜日。日曜日がクリスマスデーなのは土日休みな働き人。学生にとっては丸一日この余韻を楽しめるのだから。

そういう自分はどうなのかと言われると、約10か月前考えていた自分の行動とは大きくかけ離れていたものだった。いやそれも元々願望であったので「こうなる」と決まっていたわけではないのだが。

 明日好きな人が地元に帰ってくる。クリスマス・イブ前夜に彼女にLINEで聞いた。

だからこの二日間は連絡を取らなかった。彼女がどう過ごすのかは大方このイベントで想像がつく。だが自分は「お前らどうせこういう過ごし方してるんだろ?はいはいわかってますよ。」的な考えでいる自分が嫌いなので余計なことは考えない。もしかしたらそういうことをしていないのかもしれないし。まあそうは8割がた思わないけど。

 毎年。この季節に限らず、様々なイベントがあるたびに思う。

「ああ。こういうの、好きな人と共有しあえたらな」って。

もちろん自分ではわかっている。たとえ自分が好きな人と。彼女と過ごせたとしても絶対にお互い楽しく過ごせないだろうな。と。だって楽しめねえよ。好きな人を楽しませる自信なんて全くないんだから。

だから今までも引きこもってた。

でもそれでも好きなことを諦めることはできないから今の今まで。この学生生活を削ってもずっと思っていたんだ。

だからこの2日間はあいつに迷惑をかけないようにする。

それは彼女のためだとは言わない。あくまで自分のためだ。自分への投資だと思ってやったことだ。だから近々彼女にラッピング放送したプレゼントを渡すのも、彼女に対する好意も、彼女の事を思う気持ちも。全部自分のためだ。

 なんかPCフリーズしまくるからこれで。

                               第三十部 完

今頃は

 今頃好きな人は彼氏と過ごしているのだろうか。

クリスマスならではのラブホでパンパンやってるのだろうか。

そう思うと辛いが4545せざるをえない自分が情けない。

6時間。だっけ。やべーな。ホント描いてて悲しくなってくるわ。

だから自分のためで今はメールを送っていない。送るとまずい気がするから。

別に相手を気遣ってっていうだけじゃない。単に怖い。いろいろと。

 

でも例えば自分が彼女もちでクリスマスを想像すると、なんかこれじゃない感が半端ない。まず、自分がうまくやっていける気がしないという事。そんな彼女を楽しませるような性格してないし、自分がそういうことをしているのを想像できない。仮にそういうことができる状況でももう一人の自分が止めにかかる。「お前みたいなやつがそんなこと似合わないよ」ってね。

ホントそう思う自分もいる。似合わない。こんなの自分の性に合わない。でも理想や架空の世界ではそういうことをしてみたい。このギャップな。ほんと。

他の男と過ごしてると思うと苦しいけど興奮する。

俺と一緒にいるとすると申し訳ない気持ちになって萎える。

なんだこれ。じゃあ一緒にいない方がいいじゃんって話ですよ。

でもね、一緒にいたい。これは紛れもない本音。

一緒に過ごしていたい。だから本当の答えは一緒にいた方がいいんだ。たとえそれがうまくいかなかったとしても続けていった方がいい。それが自分のためだし先に進める事なのだから。

だから彼女が帰ってきたときにしっかりと渡したい。この思いを。

                              第二十九部 完

すきなひとにめーる送ろうとしたけどやめた

 なすびです。

メール送ったほーがいいのかなー。

でも彼氏いるもんなー。明日から2日間クリスマスだもんなー。この時間にメール送っても…。いや、今までメール送った状況も迷惑になりかねないものばかりだった。だったらわざわざメール送らないとかそういうの関係ねーか。内容もどうでもいいの方がいいのだろうか。でもな…。

うーん。そう。会話。会話の内容さえあれば。でも爆弾発言しか思いつかないんだよなー。いやでも考えてみると相手の気持ちを考え過ぎなのかもしれん。

この世の中良かれと思ってやった行動が裏目に出るケースなんてよくあることだし、逆に自分のためにメール送った方が相手も気を遣わなくて済むのではないだろうか。

これ結構重要。

さてなんて送ろうか。そうだな。とりあえずは「明日はクリスマスだね!」

いやバカか俺は。

そんなもん明日彼氏と過ごす相手の事を想像して自分が苦しむだけじゃねーか!

とりあえずは「そういやいつ頃帰ってくるの?」だ。これがいい。

相手に迷惑かけるかもしれんが上策だ。

 

…打てねえ。

 

なんでだ。やっぱ恥ずかしいってのと、何でこの時間にそんなことをって思われ…いやだから自分の事だけを考えろ。

 

…送った。死にたい。

 

もう自分の行動が死にたい。ああ。死にたい。

 

今日は23時までのやり取りでも書こうかね。面倒レベル上がったらやめるけど。

 

今思ったんだが俺って人を試すような行動をとることが多いかもしれん。いや、多いわ。実際。ほめる上司に対して本当に自分の事を分かってくれていてほめているのか。とか。大体はわかってない。なすび取扱説明書検定10級にも合格できていない。

大体のほめ方が下手。マジで。そういうふうに自分がならないためにも考え込んだりするわけですがね。

さてメールは返信どうかな

おお。帰ってきてる。26日の夜って早!三日後じゃん調度!

いやー緊張が高まるな。

別に会いに行ったり一緒に過ごしたりする約束はしてないけど

なんかそういう気持ちにさせられるな。

でも大学生活これが最後だからなー。ホントに好きだからなー。

どこが好きとか全くわからんし

そもそも相性が最悪なんだよなー。

なのに好きなんだよねー。

よくあたる占い的なのでも相性悪い的なこと言われたけど

それでもあきらめられないんだよなー

そういう人間だからさ。俺。

 

さて…既読がないな。うん。

 

悲しいからこれで終わり。

                             第二十八部 完

第二十七部 完

どうもなすびです。お久です。

最近は正直面倒で書きませんでしたがいろいろ書きたいこともある。以上。

みんなみんな生きているんだ友達なーんーだー

 どうもなすびです。

今日はね。うん。特にないね!

しいて言うなら、いやもう書くこと決まってるんだけど。そう。冬の季節。

冬の季節って特に夜だと冬特有のにおいがしますよね。なんていうか懐かしいようなこの香りを待っていたみたいなそんな感じが。

 僕をその匂いはかなり好きなんですが、ちょっぴりさみしさが感じられてかつ察亡くなったり前にも書いた生きた心地がするので少し嫌いでもあります。

 これが彼女と一緒に過ごす時間だったら黄昏たりしたいなー。まあ実際しないけど。

なんか恥ずかしいし。黄昏ている自分。彼女に見てほしい。的な要素が含まれてこれ以上自分で自分を嫌いになりたくないッス。

                                第二十六部 完